声から増える横浜ウィークリーマンション問題

ウィークリーマンションは、1週間単位で賃貸契約をする住宅のことですが、明確な期間定義があるわけでなく、ウィークリーを1年借りる契約もあります。また1日単位で借りることも可能です。このような施設ですから家具家電は大体揃っており、すぐに入居できますが、長く借り続けると通常の物件より割高な賃貸料がかかります。また全ての物件に家具家電がついていない場合もあります。横浜は日本の中の有名観光地のひとつです。国内からだけでなく海外の方たちも、集団でそのような部屋を借りて観光を行う方たちもいます。また海外から仕事で長期滞在をしている方もいます。現在問題になっているのは、この海外の方たちの生活習慣の違いです。通常の賃貸物件に外国籍の方の入居が難しいといわれるのは、この生活習慣や意識の違いが住民トラブルとなることがあるからです。

横浜に限らずウィークリーマンションの契約書は確認する

ウィークリーマンションに限らず、賃貸物件を借りる時、雑誌やネットなどで良いと思い契約手続きを取ろうと思うと、借りることができなかったという場合があるそうです。これはおとり物件と呼ばれており、ここから誘導されるということがあります。このような場合、あまり関わりにならない方が良い場合もあるそうです。1日借りたいという場合でも数か月借りたいという場合でも、必ず確認を取っておく必要がある点は、賃料と敷金礼金というお金の件です。これは条件によっては、3か月後から賃料が上がることがあるということを、小さく明記しているということがあり、最初の賃料が続くわけではないということです。もちろん通常は契約した賃料が続くものですが、全てがそうではないということです。これは横浜に限らず、どの地域でも注意したい点です。

横浜で暮らしやすいウィークリーマンションを探す小さなコツ

横浜と聞くと広いですし、どこもかしこも都会的とはいえ、駅から近い場所とそうでない場所では、多少の相場の差はあります。物件を探す際、ネットの住宅賃貸の会社で数件、同地域の情報を集めて比較してみることは大切です。もちろん築年数や広さなどでも金額は変わりますが、長く暮らす場所を選ぶのであれば、慎重に考えることも必要です。できれば内覧の前に、そうでなければ内覧の時に、周りの住民や地域の特色などを管理会社の方に聞いて、ゴミ収集場の様子を見て判断をしてほしいです。ゴミ収集場というのは住民の意識を見ることができます。ウィークリーマンションは通常の賃貸物件よりも色々な事情の方が暮らしていることがあります。無理な付き合いをする必要はないので、自分が許容できる範囲で暮らせるかを判断することは大切です。